年金だけで生活するのは難しい

年金暮らしの高齢者の中には、年金だけでは生活できないので貯金を取り崩してきたけれど、
もう貯金も底をついたという人が少なくないそうです。

そういう人は、食費や光熱費を削るしかありません。
昔なら、子供や親戚や友達に借金をする方法
もあったのですが、今は、子供達も金銭的に苦しくなっているケースが多いようです。

若い頃の貧困は、なんとか乗り切れそうな感じがするのですが、歳をとってからの貧乏は、どうしようもなく侘しいものです。

幸い私の周りにはそういう人はいないのですが、裕福な老後を送る人とそうでない人がいるのは、どうしてなのでしょう。

「若い頃は、自分が歳とってから、こんな生活を送るとは考えもしなかった」と、今日のテレビで語っていたことが印象に残っています。

私の場合は、「将来収入がなくなったとき、この貯金額で何歳まで生活できるだろう」
「将来幾ら年金が貰えるのだろう」ということを前もって計算していました。

計画は思い通りには行きませんが、それでも、将来の生活に備える計画は必要だということを改めて感じました。

Posted by user in nocategory